読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛風男の腹の中

30代で痛風を何度も発症してしまった男の食べた物。※しばらく食べログの引越しをやってます。

新島水産 東浦店@兵庫県淡路島

神戸の友達と淡路島に遊びに行った夜に。

なかなかやる!淡路の新鮮魚介!

コースのみの受付で確か¥5,000。

 

 

▼漁師町にあるお店の中では目立つお洒落な外観

f:id:jpqtc054:20151210230914j:plain

 

 

▼大きな生け簀が入口にあります

f:id:jpqtc054:20151210230922j:plain

 

 

▼二階テーブル席

f:id:jpqtc054:20151210230937j:plain

思ったより広い店内は二階もあります。

各テーブル席にガスコンロが設置されています。

 

 

▼二階座敷

f:id:jpqtc054:20151210230958j:plain

このサイズの座敷が隣にもうひとつありました。

 

 

▼申告制セルフの冷蔵庫

f:id:jpqtc054:20151210231005j:plain

酒はセルフサービスになります。

なんとなく楽しくなってきますね。

 

▼つきだし

f:id:jpqtc054:20151210231013j:plain

 

 

▼タコ飯

f:id:jpqtc054:20151210231020j:plain

最初にタコ飯も運ばれてきてこの時点で点火。

部屋の隅で炊かれてます。

 

 

▼あさりの酒蒸し

f:id:jpqtc054:20151210231028j:plain

なかなかクオリティ高いあさりです。

 

 

▼刺身盛り合わせ

f:id:jpqtc054:20151210231034j:plain

近海物が多いので基本白身になります。

どれもこれも美味しい刺身でした。

 

 

▼焼き物

f:id:jpqtc054:20151210231045j:plain

こちらがメインディッシュになります。

あわび・ヒオウギ貝・おおあさり・さざえ

 

ここから焼き方となる店員さんが張り付きます。

 

初めにあわびを一切れ配られます。

 

「なるべくなにもつけずに召し上がって下さい」と。

 

磯野香りとほどよい塩分と心地よい歯ごたえがたまりません。

 

f:id:jpqtc054:20151210231055j:plain

 

▼おおあさり

f:id:jpqtc054:20151210231104j:plain

おおあさりは肝を溶いた肝ソースで仕上げてくれます。

二個目はバター焼きか醤油か選べます。

 

▼はぜの天ぷら

f:id:jpqtc054:20151210231109j:plain

前の海で獲れたハゼだそうです。

これがたまらなく美味しかった。

しっとりふわふわ。

 

▼タコ飯完成

f:id:jpqtc054:20151210231116j:plain

ちょうどタコ飯が炊きあがります。

弾力の良い歯ごたえ、タコの出汁、硬めの米が良くマッチしています。

 

心地よいリズムで提供され最後はタコ飯で〆る。

 

ダラダラ長居することなくサクっと美味いものが食べられる名店だと思います。

 

 

新島水産 東浦店魚介・海鮮料理 / 淡路市その他)
夜総合点★★★★ 4.3